西日本三菱自動車販売株式会社は、2022年2月11日(祝)~13日(日)にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2022」に出展いたしました。
お陰様で、多くのお客様にご来場いただき大変ご好評をいただきました。
このサイトをお借りして、ご来場いただいたお客様に厚く御礼申し上げます。

西日本三菱自動車販売株式会社ブース:3号館

西日本三菱自動車販売株式会社ブース:
3号館

出展車両

K-EV concept X Style

『K-EV concept X Style』は、2022年度初頭に発売を予定している新型軽EVのコンセプトカーです。取り回しがよく運転しやすい軽自動車の魅力と、滑らかで力強く気持ちのよい加速と静かで上質な乗り心地という電気自動車の魅力に、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を加えた、環境に配慮した安心・安全で快適な三菱自動車らしい新世代の軽EVとしています。

アクティブなSUVテイストのスタイリングに、クリーンかつソリッドなイメージのマットブルーのボディ色と、電気自動車のモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーを組み合わせ、フロントバンパー、ボディサイド、リヤゲートには“X”のロゴをあしらいました。この“X”は、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴しています。

VISION RALLIART CONCEPT

『VISION RALLIART CONCEPT』は、三菱自動車のエンジニアリング技術とクルマづくりにかける情熱を結集し、プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現。また、様々な天候や路面でも安心して快適に楽しめる三菱自動車らしい走りをさらに磨き上げたコンセプトカーです。

重厚感があり機能美を感じさせる前後バンパーと大きく張り出した前後オーバーフェンダーによってボリュームのある筋肉質で力強いフォルムを実現し、ラジエーターシャッター付きのフロントグリル、レーシーな印象を与える大型リヤディフューザーによってスポーティさを際立たせています。ボディカラーは光の当たり方によってブルーのハイライトが浮かびあがる特殊な加工を施したマットブラックを採用。見る角度によって多面的で奥深い表情を見せ、プレミアムな印象を与えます。

アウトランダー Ralliart Style

クロスオーバーSUV『アウトランダー』は、RALLIARTアクセサリーなど装着によって、自分らしい走りやスタイリングをお求めになるお客様だけが感じられるスタイルです。

ボディカラーを高輝度で上質なホワイトダイヤモンドとし、フロント、サイド、リヤのガーニッシュをレッドとしたほか、RALLIARTロゴ入りのサイドデカールとマッドフラップを装着し、RALLIARTの走りにかける情熱を表現。また、ブラックのルーフスポイラーとアルミホイールを装着してスポーティさを際立たせています。

エクリプス クロス Ralliart Style

クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』は、RALLIARTアクセサリーなど装着によって、自分らしい走りやスタイリングをお求めになるお客様だけが感じられるスタイルです。

ボディカラーを高輝度で上質なホワイトダイヤモンドとし、フロント、サイド、リヤのガーニッシュをレッドとしたほか、RALLIARTロゴ入りのサイドデカールとマッドフラップを装着し、RALLIARTの走りにかける情熱を表現。また、ブラックのルーフスポイラーとアルミホイールを装着してスポーティさを際立たせています。

デリカD:5 Tough×Tough

オールラウンドミニバン『デリカD:5』の「DELICA D:5 Tough × Tough」は、アフターパーツメーカーの多彩なパーツとRALLIARTアクセサリーを装着することで、『デリカD:5』が持つ「タフさ(Tough)」を、さらに強調するスタイルです。

ブラックマイカのボディにマットブラックのフロントグリルとフェンダーガーニッシュを装着してブラックで統一。さらにRALLIARTアクセサリーであるレッドのドアミラーやフォグランプガーニッシュをアクセントとして装着しました。さらにショックアブソーバーとスプリングを変更してリフトアップさせ、16インチのアルミホイール&オールテレーンタイヤを採用し、フロントガード、リヤガード、マッドフラップを装着することによってタフなオフロードスタイルを表現しています。

ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style

軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』の「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」は、EVならではの給電機能を活用したプライベートからビジネスまで快適に楽しめるスタイルです。森林やキャンプ場をイメージさせるモスグリーンのボディ色とアイボリーのルーフ色の2トーンカラーとし、ボディサイドにはEVを象徴する電源プラグやテントやデスクのデカールをあしらい、その世界観を表現しています。

駆動用バッテリーの電力を利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を活用することで、電気ケトルやコーヒーメーカー、パソコンなどの電化製品を屋外でも使用可能となり、 快適性と利便性を兼ね備えたアクティブなビジネス&レジャースタイルとしています。